デッサン。薬チューブ。

目の前にあったから描いたけど、また中々難題。

デッサンで気を付ける事メモ

・キャップの赤とチューブの白が同じ色調

・1本の鉛筆を握りしめ続けないで、持ち替える。
というか、机に並べておかないと使わないので、最初に並べて準備。

・教えてもらった鉛筆の薄い~濃いの順番。
9H・8H・7H・6H・5H・4H・3H・2H・H・F・HB・B・2B・3B・4B・5B・6B
探すの大変。ネットで買う。

・光ってる所は下塗り?して練り消しで消す。

・シワシワな所は、ぐちゃぐちゃっと描いてから整えるとそれっぽくなるって、美術の先生が昔言ってたよ。

・ペンシルケースを買ったけど、鉛筆が入らなかった!

デッサンしてなかったのがバレる、長い鉛筆達

・影の接地面を濃く!一部分だけ描かないで、もっと全体の影の付き方を見る。

・影と陰って漢字をずっと見てるとゲシュタルトか何かが崩壊してくる感じがするから、あんまり見ない事。

・大きく描く。

・鉛筆をこまめに削る。Bから先の濃いのは、すぐ丸くなる。

・背中が痛くなったら座椅子に座って描く

・おしりが痛くなったら体操して散歩にでも行こう

DK

JKってもう死語だと思うんですが、まだ大丈夫ですか?大学生はDKで合ってますか?

あれ、DKだと「大学・高生」でおかしいですね?

それはまあ置いておいて、昨日1時間以上、一人で東京について熱く語り続ける若い人を見ました。

聞き役をしていたその子の友達が、うんうんと相槌を打ち続け。合間に「ためになる話をありがとう」と言っていました。

「じゃあ東京に行ったら」と言わない優しさ。器が大きい人でした。私も大きい心を持ちたい。

あと東京は人の住むところじゃないと思うんだ。

近くに住んでた時もあったけど、私にとっては人が多いというだけで、もう魅力が無い所だったし。(心が狭い)